ホーム / 導入事例 / その企業のマネージャーに必要な「15の能力要件」を対人力、思考力、資質の各側面から抽出し、定義。次世代のマネージャー候補者35名に対して、業務遂行演習を通して、今後能力開発すべき目標を明確にした。
---

その企業のマネージャーに必要な「15の能力要件」を対人力、思考力、資質の各側面から抽出し、定義。次世代のマネージャー候補者35名に対して、業務遂行演習を通して、今後能力開発すべき目標を明確にした。

提供サービス:階層別(管理職候補者)  業績:専門商社(東証一部上場)  従業員:グループで600名規模

課題

社員教育には非常に熱心な会社だが、マネージャーに必要な能力要件が不明確であったことと、登用前からマネジメントの教育をしてこなかった為、新任マネージャーがマネジメントとしての役割を機能しない事が多かった。

施策内容

その企業のマネージャーに必要な能力要件を対人的、思考的、資質的側面から5つずつ、合計15を抽出し、それぞれの能力の定義づけを行なった。

4時間という限られた時間での研修となったが、能力要件の解説と、思考的側面の「情報把握力」「問題解決力」「課題設定力」の能力開発を目的とした業務遂行演習を実施。マネージャーに必要な思考力とはどのようなものかを体感し、能力開発課題を設定した。

結果

お客様企業の次年度の教育体系に弊社の考え方が取り入れられ、各階層に必要な能力要件を定義し、それに基づいた対人力、思考力の集合研修のカリキュラムが導入された。

また、管理職補佐という立場での階層が新設され、今回の受講対象となった35名から12名選抜され、次期マネージャーとしての能力開発プログラムが設定される形となった。

一覧に戻る

お問い合わせや、その他各種セミナー等のお申し込みをお受けしています。
  • お電話でのお問い合わせ/セミナーお申し込み
    03-6261-0442[平日]9:00―18:00
導入事例
一覧をみる
資料ダウンロード一覧をみる
お問い合わせ

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ/セミナー申し込み
  • 03-6261-0442
    [平日]9:00―18:00
VTRサンプル
公式チャンネルはこちら

当社の能力評価プログラム及び育成プログラムで行うロールプレイング型演習の様子や、研修で使用する映像教材をご覧いただけます。